ローディング中

aFrameサポート

***ご注意***
aFrame のラインアウト(LR)、ヘッドフォンアウトをファンタムパワー付きのミキサー及び、オーディオインターフェースに接続をするときには、必ずファンタムオフにしてください。
ファンタムオンになっている場合、たとえaFrame の電源が入っていなくとも、内部にダメージを与える恐れが非常に高く、場合によってはオーディオ/ヘッドフォン出力が失われてしまう可能性がありますので、接続時には十分お気をつけください。
2019.04.26 | Project Series: Cajon 1 - 40種類のカホン音色を公開しました。

カホンにインスパイアされた40種類の音色を含むプロジェクトファイルProject Series: Cajon 1です。
プロジェクトファイル(.prj)と音色説明のPDFファイルを含むzipファイルをダウンロードしてお使い下さい。

使用許諾条件

コンテンツダウンロードに関する注意事項

ダウンロードされる前に必ずお読みください。

本サイトでご提供するコンテンツは、以下の条件の上で使用することを
目的にする場合のみ、ダウンロード、インストールしていただけます。
権利 お客さまは、本コンテンツの使用権を得ることができます。
著作権もしくは知的財産権がお客さまに移転するものではありません。
仕様の変更 本コンテンツの仕様は予告なく変更することがあります。
免責 本コンテンツのダウンロード、ご使用にあたり生じたお客様の損害および第三者からのお客様に対する請求については、ATV株式会社はその責任を負いません。
***メモ***
ファームウェアアップデートバイナリ(ATV-aFrame.BIN)とmicroSDカードをご用意ください。
  • 以下、SDカードをフォーマットしますと全てのデータが削除されますので必要なデータがある場合は先にバックアップをお願いします。
  • SDカードをaFrame本体に挿入し、システムメニューのSYS:SDCardFormatを実行することでフォーマット頂けます。(aFrameリファレンスガイドp51参照)
  • フォーマット前のSDカードの状態によっては、挿入後のシステムメニューで「No Mount SDCard!」と表示される場合がございます。その場合にはVolumeエンコーダーを一度押すことでフォーマットを実行することが出来ます。
  • aFrameでお使い頂けるSDカードの規格はSD/SDHCで、容量は2GBから32GBです。SDXCは対応しておりません。
***[Ver2.00]ファクトリープリセットを新音色に変更する手順と注意点***
現在のA~D'のインストとエフェクタデータが必要な場合は、あらかじめSDカードへのバックアップをお取りください。

電源OFFの状態でエンコーダーを押しながらPOWERボタンを押し続けますと、INIT SYS/Projectメニュー
が表示されますのでYesを選択します。
システム設定の初期化と、ファクトリープリセットの書き込みがおこなわれます。
- INT.Memory1: Factory Preset1(VER.1.20)
- INT.Memory2: Factory Preset2(VER.2.00)
初期状態ではINT.Memory1のFactory Preset1(VER.1.20)がロードされます。Factory Preset2(VER.2.00)を
使用する場合にはSYS:Load ProjectメニューでINT.Memory2を選択してロードします。
2019.03.01 | aFrameファームウェアVer 2.00を公開しました。

主要な更新内容
・システムエディットメニューの変更
・[INST]プレッシャーコントロールの機能の拡張
・[EFFECT]アルゴリズムの追加(Compressor, Amibience, SpaceR, SpaceZ)
・[INST/EFFECT]ファクトリープリセット音色の選択機能の追加
・[INST/EFFECT]パラメーターランダマイズ機能の追加
・ファクトリープリセット2へ80種類の新音色を追加

ファームウェア・アップデートの手順

aFrame_update_procedure-jp.pdf [PDF:2.4MB]


リファレンスガイド

aFrameReference_v2_jp.pdf[PDF:1.3MB]


使用許諾条件

ソフトウェアダウンロードに関する注意事項

ダウンロードされる前に必ずお読みください。

本サイトでご提供するソフトウェアは、以下の条件の上で使用することを
目的にする場合のみ、ダウンロード、インストールしていただけます。
権利 お客さまは、本ソフトウェアの使用権を得ることができます。
著作権もしくは知的財産権がお客さまに移転するものではありません。
第三者の使用 有償あるいは無償を問わず、本ソフトウェアおよびそのコピーしたものを第三者に譲渡あるいは使用させることはできません。
コピーの制限 本ソフトウェアのコピーは、保管(バックアップ)の目的のためだけに限定されます。
解析・変更または改造 本ソフトウェアの解析、変更または改造を行わないでください。
解析・変更または改造により、何らかの欠陥が生じたとしても、ATV株式会社では一切の保証をいたしません。
また、解析・変更または改造の結果、万一お客様に損害が生じたとしてもATV株式会社は責任を負いません。
仕様の変更 本ソフトウェアの仕様は予告なく変更することがあります。
免責 本ソフトウェアのダウンロード、ご使用にあたり生じたお客様の損害および第三者からのお客様に対する請求については、ATV株式会社はその責任を負いません。
また、ATV株式会社はバグ等のプログラム上の欠陥を修正する義務は一切負いません。
輸出管理 お客様は、本ソフトウェアを入手した国以外の国に持ち出される場合、その国および関係する各国の輸出管理に関する法規を遵守してください。

aFrameUpdaterVer2_00 ダウンロード [zip:143KB]

2019.03.19 | クイックスタートガイドVer. 2.0を公開しました。
クイックスタートガイドVer. 2.00

aFrameQuickStart_jp_V2.pdf[PDF:1.8MB]

2017.09.18 | aFrame外部通信インタフェース仕様書を公開しました。
aFrame外部通信インタフェース仕様書

aFrame_API_Specification.pdf[PDF:635.6KB]

***ご注意***
以下は製品ではありませんので、ご使用に関しての弊社からのサポート等は一切ございません。
またご使用に関しては使用許諾条件をご理解の上、お使い下さい。
 
外部通信インタフェース仕様の活用事例として以下のサンプルアプリケーションを公開しました。
PCやMacなどのコンピュータ上で、音色の変更、音色のエディットをおこなうことが可能です。
インストとエフェクトの各パラメータの状態を同時に確認出来るため、aFrameの音作りをおこなう際の強力なアシストとなるでしょう。また4つのディンバーを簡単にミュートする機能を持っておりティンバーごとの音作りをするにも最適です。
2018.03.30 | デバイスドライバーインストール手順を公開しました。
デバイスドライバーインストール手順

Driver_install_manual_ja.pdf[PDF:426.1KB]

2019.03.01 | aFrameエディットアプリケーション 〈Mac版〉Ver 2.20を公開しました。

マニュアル

aFrameEdit_mac_Ver2.00_QuickReference[PDF:901.7KB]


使用許諾条件

ソフトウェアダウンロードに関する注意事項

ダウンロードされる前に必ずお読みください。

本サイトでご提供するソフトウェアは、以下の条件の上で使用することを
目的にする場合のみ、ダウンロード、インストールしていただけます。
権利 お客さまは、本ソフトウェアの使用権を得ることができます。
著作権もしくは知的財産権がお客さまに移転するものではありません。
解析・変更または改造 解析・変更または改造により、何らかの欠陥が生じたとしても、ATV株式会社では一切の保証やサポートをいたしません。
また、解析・変更または改造の結果、万一お客様に損害が生じたとしてもATV株式会社は責任を負いません。
仕様の変更 本ソフトウェアの仕様は予告なく変更することがあります。
免責 本ソフトウェアのダウンロード、ご使用にあたり生じたお客様の損害および第三者からのお客様に対する請求については、ATV株式会社はその責任を負いません。
また、ATV株式会社はバグ等のプログラム上の欠陥を修正する義務は一切負いません。
輸出管理 お客様は、本ソフトウェアを入手した国以外の国に持ち出される場合、その国および関係する各国の輸出管理に関する法規を遵守してください。
2019.03.01 | aFrameエディットアプリケーション 〈Windows版〉Ver 2.00を公開しました。

マニュアル

aFrameEdit_win_Ver2.00_QuickReference[PDF:1.4MB]


使用許諾条件

ソフトウェアダウンロードに関する注意事項

ダウンロードされる前に必ずお読みください。

本サイトでご提供するソフトウェアは、以下の条件の上で使用することを
目的にする場合のみ、ダウンロード、インストールしていただけます。
権利 お客さまは、本ソフトウェアの使用権を得ることができます。
著作権もしくは知的財産権がお客さまに移転するものではありません。
解析・変更または改造 解析・変更または改造により、何らかの欠陥が生じたとしても、ATV株式会社では一切の保証やサポートをいたしません。
また、解析・変更または改造の結果、万一お客様に損害が生じたとしてもATV株式会社は責任を負いません。
仕様の変更 本ソフトウェアの仕様は予告なく変更することがあります。
免責 本ソフトウェアのダウンロード、ご使用にあたり生じたお客様の損害および第三者からのお客様に対する請求については、ATV株式会社はその責任を負いません。
また、ATV株式会社はバグ等のプログラム上の欠陥を修正する義務は一切負いません。
輸出管理 お客様は、本ソフトウェアを入手した国以外の国に持ち出される場合、その国および関係する各国の輸出管理に関する法規を遵守してください。
技術情報ページ紹介のサンプルアプリケーションを公開しました。
詳細は技術情報ページをご覧ください。
2017.10.05 | aFrameシンプルエディットアプリケーション 〈Windows版〉を公開しました。
※本アプリケーションはaFrameファームウェアVer 1.10用になります。

使用許諾条件

ソフトウェアダウンロードに関する注意事項

ダウンロードされる前に必ずお読みください。

本サイトでご提供するソフトウェアは、以下の条件の上で使用することを
目的にする場合のみ、ダウンロード、インストールしていただけます。
権利 お客さまは、本ソフトウェアの使用権を得ることができます。著作権もしくは知的財産権がお客さまに移転するものではありません。
解析・変更または改造 解析・変更または改造により、何らかの欠陥が生じたとしても、ATV株式会社では一切の保証やサポートをいたしません。また、解析・変更または改造の結果、万一お客様に損害が生じたとしてもATV株式会社は責任を負いません。
仕様の変更 本ソフトウェアの仕様は予告なく変更することがあります。
免責 本ソフトウェアのダウンロード、ご使用にあたり生じたお客様の損害および第三者からのお客様に対する請求については、ATV株式会社はその責任を負いません。また、ATV株式会社はバグ等のプログラム上の欠陥を修正する義務は一切負いません。
輸出管理 お客様は、本ソフトウェアを入手した国以外の国に持ち出される場合、その国および関係する各国の輸出管理に関する法規を遵守してください。
2018.03.30 | aFrameリモートコントロールアプリケーション 〈Mac版〉Ver 1.20を公開しました。
※本アプリケーションはaFrameファームウェアVer 1.20用になります。
マニュアル

FlaConApp_Manual_Mac_ja.pdf[PDF:1.1MB]

使用許諾条件

ソフトウェアダウンロードに関する注意事項

ダウンロードされる前に必ずお読みください。

本サイトでご提供するソフトウェアは、以下の条件の上で使用することを
目的にする場合のみ、ダウンロード、インストールしていただけます。
権利 お客さまは、本ソフトウェアの使用権を得ることができます。著作権もしくは知的財産権がお客さまに移転するものではありません。
解析・変更または改造 解析・変更または改造により、何らかの欠陥が生じたとしても、ATV株式会社では一切の保証やサポートをいたしません。また、解析・変更または改造の結果、万一お客様に損害が生じたとしてもATV株式会社は責任を負いません。
仕様の変更 本ソフトウェアの仕様は予告なく変更することがあります。
免責 本ソフトウェアのダウンロード、ご使用にあたり生じたお客様の損害および第三者からのお客様に対する請求については、ATV株式会社はその責任を負いません。また、ATV株式会社はバグ等のプログラム上の欠陥を修正する義務は一切負いません。
輸出管理 お客様は、本ソフトウェアを入手した国以外の国に持ち出される場合、その国および関係する各国の輸出管理に関する法規を遵守してください。
2018.03.30 | aFrameリモートコントロールアプリケーション 〈Windows版〉をVer 1.20公開しました。
※本アプリケーションはaFrameファームウェアVer 1.20用になります。
マニュアル

FlaConApp_Manual_Win_ja.pdf[PDF:747KB]

使用許諾条件

ソフトウェアダウンロードに関する注意事項

ダウンロードされる前に必ずお読みください。

本サイトでご提供するソフトウェアは、以下の条件の上で使用することを
目的にする場合のみ、ダウンロード、インストールしていただけます。
権利 お客さまは、本ソフトウェアの使用権を得ることができます。著作権もしくは知的財産権がお客さまに移転するものではありません。
解析・変更または改造 解析・変更または改造により、何らかの欠陥が生じたとしても、ATV株式会社では一切の保証やサポートをいたしません。また、解析・変更または改造の結果、万一お客様に損害が生じたとしてもATV株式会社は責任を負いません。
仕様の変更 本ソフトウェアの仕様は予告なく変更することがあります。
免責 本ソフトウェアのダウンロード、ご使用にあたり生じたお客様の損害および第三者からのお客様に対する請求については、ATV株式会社はその責任を負いません。また、ATV株式会社はバグ等のプログラム上の欠陥を修正する義務は一切負いません。
輸出管理 お客様は、本ソフトウェアを入手した国以外の国に持ち出される場合、その国および関係する各国の輸出管理に関する法規を遵守してください。

Offical SNS

Offical TwitterOffical Facebook

Share