ローディング中
イベントへの映像送出、デジタルサイネージ、各種会議、インターネット配信に至るまで、4K クオリティが要求される場面は益々増えて参りました。カメラやパソコンなど、送出側の機器が急速に身近なものとなってきている一方で、スイッチャーなどの後段の制御機器は未だ高価・大型・複雑のまま。なかなか導入に至らず、折角の高画質入力を活かし切れていない状況が多く見られます。ATV は“本当に必要な機能とは?” を徹底的に検証。シンプル操作ながらも必要にして充分な機能。そして価格面でも、より身近なスイッチャーとして実現しました。4K 時代を加速するスイッチャー、それが「AV-4K-4X1」です。

4K/60P 対応、4ch 入力シームレス・スイッチャー

マルチフォーマット入力
AV-4K-4X1はPC解像度を含む、マルチフォーマット入力に対応しています。また、様々なフレームレート入力にも対応していますので、信号のフォーマットを意識することなく接続して頂けます。
ディゾルブによる切り替えに対応
フルスクリーンモードでは、2つの入力を徐々に切り替えるディゾルブでの切り替えや、ワイプでの切り替えが可能です。
4画面マルチビュー表示が可能
クアッドモードでは、4つの入力を画面分割して同時に表示することが可能です。プリセットモードを使えば、画面の配置やサイズを自由に設定することも可能です。
最大で3つのPinP子画面合成が可能
プリセットモードでは、1つの画面上に最大で3つの子画面を合成することが可能です。また、その配置やサイズはプリセットとして最大8つまで記憶することができます。
ブラウザ経由でグラフィカルな設定が可能
Google Chrome等のウェブ・ブラウザを使って、AV-4K-4X1の様々な設定をグラフィカルに設定可能です。子画面のレイアウトやサイズなども、マウスでドラッグするだけで設定できます。
Windows専用のアプリケーションソフト
ブラウザを使わずに、専用のコントロールソフトを使っての各種設定も可能です。インターフェースは、LANまたはRS232が利用できます。
USB端子からUVC/UACが出力可能
USB3.0/2.0端子からはUSBビデオ信号とUSBオーディオ信号が出力できます。PCやMacと接続して、Skype、ネット配信などにお使い頂けます。(※USB接続時は、最大1080p解像度)
IRリモコンを標準添付
IRリモコンを使って、本体だけでは操作できない様々な制御が可能です。映像のフェードイン・アウトや音声のミュート、8種類のプリセット呼出しなどをボタン一つで呼び出すことができます。
4K60P 10bit 4:4:4 処理による高画質設計
信号処理は10bit 4:4:4の高画質設計。高画質スケーラーICの採用により、高画質と低消費電力を両立しました。
外観及びスペックは予告なく変更する場合があります。
ビデオ関連

Offical SNS

Offical TwitterOffical Facebook

Share