ローディング中

AV-3-BD 製品の特長

バイディレクショナル(双方向)
AV-3-BDは、HDMIとSDIを双方向に変換することができる、コンパクトながらハイエンドユースに対応したモデルです。入力信号に対して、同フォーマットのスルーもしくは内部処理された出力もありますので、2系統の分配器としても利用できます。
完全なロスレス変換を実現
コンバータの使命は、信号フォーマットだけを変換し、入力ソースと全く同じ信号を出力すること。映像信号の劣化を極限まで抑え、0IRE以下のスーパーブラック、100IRE以上のスーパーホワイトに至るまで、クリップさせることなく完全な形で変換します。もちろんカラー空間のリニアリティも、そのまま保持します。
2K、1080P、1080iと様々なソースに自動対応
入力及び出力は、480i、720p、1080i、1080p、2K(2048×1080)に対応。フレームレートは23.98pと24p、29.97p と30p、59.94pと60pを正しく認識するのはもちろん、P(Progressive)とPsF(Progressive segmented Frame)の変換も可能です。(解像度のアップ/ダウンコンバート機能はありません)
Level A、Level B対応の3G-SDI
3G-SDIには、セキュリティやデジタルサイネージなどの設備機器で多く使われるLevel Aと、放送機器で使われるLevel Bがあります。AV-3シリーズでは、両方のSDI出力方式を選択することが可能です。
安定した変換を実現するフレームバッファ機能
低遅延のダイレクト変換モードに加え、フレームバッファ機能を搭載。一般にコンバータは、遅延を避けるためにフレームバッファを持たない製品が数多くあります。しかしAV-3シリーズでは、あえてフレームバッファを搭載することで、フレームレート変換を実現。さらに映像信号が途切れた場合には、最終フレームをフリーズするかブラックを出力するかを選択できます。音声は最短1フレームでフェードアウト、復帰時にはフェードインする機能も装備。一方で遅延を最小限に抑えるためのダイレクト変換モードも備えています。
ラックマウント対応(1/4Uラックサイズ)
AVシリーズは、横幅1/4Uラックサイズ、高さ1Uラックサイズ内で設計されています。1Uラックに最大4台まで取り付け可能なほか、後部のネジ穴を利用して、壁面に取り付けることもできます。リアパネルは、張り出した上下のカバーがコネクタ部への不用意な接触や圧力を軽減します。
コントロール用ソフトウェア
AV-3シリーズでは、本機とPCもしくはMacをUSB接続することで、詳細なパラメータセッティングが行えます。パラメータは、ファイルとしてロード/セーブが可能で、使用現場に合わせた設定に一瞬で変更することができます。USBハブを使えば、複数のAVシリーズを一括で管理することも可能。コントロール用のソフトウェアは、ATVのオフィシャルサイトより無償でダウンロードできます。

その他の特長

  • すぐれた耐久性をはじめ、メイドインジャパンならではの理想的な各種特性
  • 60P、50Pフレームレートコンバート
  • 製品に表示されたQRコードから、サポート情報を閲覧可能
  • ユニバーサル電源対応ACアダプター付属
外観及びスペックは予告なく変更する場合があります。
ビデオ関連

Offical SNS

Offical TwitterOffical Facebook

Share