ローディング中
EXS Series EXS Series
2022.09.26 |  EXS Sound Tour

ATV専用サイト「tour.xD3.studio」で、EXSシリーズの音源モジュール(xD3)の音をそのままにオンラインで試聴できるようになりました。何も加工していない本物のATVサウンドです。

tour.xD3.studio」にアクセスしていただくと 18種類のオフィシャル・ドラムキットをご試聴することができます。

上位の5キットが本体の音源モジュール(xD3)に内蔵されているキットで、残りの13キットがATV専用サイト「Sound Store」からダウンロードできます。

また、[Pattern by Endo]には5種類の演奏パターンがありますので、それぞれのドラムキットを5パターンで聴き比べができます。

ATVの音源では音の強弱(ダイナミックレンジ)を演奏者の叩く強さに応じて正確に発音できますので、誰が叩いても機械的な打音にならず、演奏者の叩き方で表現が変わってきます。 

*[Pattern by Endo]はATV artistのプロドラマー遠藤勝彦さんが実際に演奏したパターンです。

ぜひ、ヘッドフォンをつけて「ATVサウンド」をご視聴いただけたらと思います。

 
2022.03.01 |  xD3ファームウェア Ver.1.30

リリースノート

- SETUP | UTILITY メニューにドラムキット削除機能を追加しました。
- SETUP | TRIGGER メニューの Sensitivity 設定の範囲を変更しました。
- SETUP | TRIGGER メニューの HH Closed Adjust 設定の範囲を変更しました。
  この変更に より、ハイハットのクローズドポイントの設定が改善されました。

ファームウェアアップデート手順

xD3-UpdateProcedure-JP.pdf [PDF:90.8KB]

使用許諾条件

ダウンロードされる前に必ずお読みください。

本サイトでご提供するソフトウェアは、以下の条件の上で使用することを目的にする場合のみ、ダウンロード、インストールしていただけます。
 
権利 お客さまは、本ソフトウェアの使用権を得ることができます。
著作権もしくは知的財産権がお客さまに移転するものではありません。
第三者の使用 有償あるいは無償を問わず、本ソフトウェアおよびそのコピーしたものを第三者に譲渡あるいは使用させることはできません。
コピーの制限 本ソフトウェアのコピーは、保管(バックアップ)の目的のためだけに限定されます。
解析・変更または改造 本ソフトウェアの解析、変更または改造を行わないでください。
解析・変更または改造により、何らかの欠陥が生じたとしても、ATV株式会社では一切の保証をいたしません。
また、解析・変更または改造の結果、万一お客様に損害が生じたとしてもATV株式会社は責任を負いません。
仕様の変更 本ソフトウェアの仕様は予告なく変更することがあります。
免責 本ソフトウェアのダウンロード、ご使用にあたり生じたお客様の損害および第三者からのお客様に対する請求については、ATV株式会社はその責任を負いません。
また、ATV株式会社はバグ等のプログラム上の欠陥を修正する義務は一切負いません。
輸出管理 お客様は、本ソフトウェアを入手した国以外の国に持ち出される場合、その国および関係する各国の輸出管理に関する法規を遵守してください。
2021.06.28 | EXS-3CY ユーザーマニュアルを掲載しました
EXS-3CY ユーザーマニュアル

EXS3CY_om_ja_04.pdf[PDF:4.4MB]

2021.06.28 | EXS-3 ユーザーマニュアルを掲載しました
EXS-3 ユーザーマニュアル

​EXS3_om_ja_04.pdf[PDF:4.5MB]

2021.06.28 | EXS-5 ユーザーマニュアルを掲載しました
EXS-5 ユーザーマニュアル

EXS5_om_ja_04.pdf[PDF:4.4MB]

2020.02.19 | EXSシリーズ_キックメッシュヘッドの交換方法
2020.02.19 | EXSシリーズ_ハイハットクラッチの組み立て方法
2020.04.25 | EXSシリーズ オフィシャルキット音色アサイン表
製品パーツについて
ATVオンラインストア「ATV Direct」もしくはATV製品を販売する「取扱店」にてご購入できます。
EXS-3SC ユーザーマニュアルについて

Offical SNS

Offical TwitterOffical Facebook

Share